文字の間に文字を書こうとしたら上書きされてしまった時の対策方法

チャットやWord、テキストエディタ、インターネット検索などで記述した文章を編集したいときに文字の間に新たに文字を割り込ませる際、書けば書くほど割り込み記述前の文字が消えて、上書きされてしまった経験があるので、それの対処法です。

スポンサーリンク

文字が上書きされてしまうとは

例として、、、

WordPressを使ってみた感想書いてみた!!

これを

WordPressを使ってみたから感想書いてみた!!

に変更してみようと思います。

 

変更する場所は、

「使ってみた」と「感想」の間に「から」という文字列を割り込ませるはずです。

その際、あることをしてしまうと下のようになってしまします。

WordPressを使ってみたから書いてみた!!

上書きされてしまって「感想」が消えてしまいました。

 

原因

原因は文字の入力中に無意識に「Insetキー」を押してしまったためといえます。

Insertキーを押すと、文字の入力時に「挿入モード」と「上書きモード」の2つのモードが切り替わります。

挿入モード

文字の間に任意の文字を入力すると割り込ませて入力することが出来ます。

皆さんは通常このモードを使っていると思います。

上書きモード

文字の間に任意の文字を入力すると割り込まずに元々書いてあった文字を消しながら入力している文字を書き込んでいきます。

 

対処法

入力モードは2種類しかないので、Insertキーを押すと挿入モードに切り替わります。

再度、上書きモードにする場合は、もう一度Insertキーを押すことで切り替えることが出来ます。

※ノートパソコンの場合などは「ファンクションキー(Fn)」+「Insertキー(Ins)」で切り替えることが出来ます。