【リアサス交換④】GN125Hのチェーンの張りとリアブレーキの遊びを調整する方法!

前回は、実際にリアサスを交換してローダウンしてみました。

チェーンの張り具合の調整

リアサスの長さを変更するとチェーンの張り具合に影響が出ますのでそちらを調整します。

上画像1のボルトを緩める

マフラー側のナットを19mmレンチで押さえながらチェーン側のボルトを17mmのラチェットレンチで緩めます。

外さないでください

上画像2のナットを緩める

マフラー側も同様に行います

上画像3のボルトでチェーンの張り具合を調整する

3のボルトを時計周りに回すとチェーンが張り、反時計回りに回すと緩みます。

チェーンの張り具合は通常の状態から指で押し上にあげたとき1cm~2cm程度上がるのが良いです。

硬すぎると走行中に切れてしまう可能性が高くなり、たゆませすぎると歯車からチェーンが外れてしまう可能性が高くなります。

これをマフラー側のボルトも同じになるように調整します。

調整が出来たら2のナットを締めてから1のボルトを締めてチェーンの調整の完了です。

次はリアブレーキの遊びを調整します。

リアブレーキの遊びの調整

チェーンの同様リアブレーキもリアサスの長さに影響します。

画像のナットを時計回りに回すと遊び幅が減り、反時計回りに回すと増えます。

これは好みで調整しましょう。

私は、遊びが多いかなと思ったので、少しだけしめました。