【NAS】Windows10のエクスプローラからファイルサーバに接続できない時の対処法

2021年6月9日

2020年12月に中古でThinkPad X260を購入しまして、エクスプローラ(ファイルブラウザ)から自作ファイルサーバ(簡易NAS)にアクセスできない!?

という大事件に遭ったので、事件内容と対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

接続先端末

Sambaサーバ

OS:Ubuntu 20.04 LTS

 

接続状況

接続できた

ThinkPad X260(Windows10)

  • コマンドプロンプトからのping接続
  • コマンドプロンプトからのssh接続
  • Tera Termからのssh接続
  • リモートデスクトップによるGUI操作

iPhone

  • 「ファイル」からの閲覧
  • 「ライブラリ」からの動画像アップロード
  • iPhoneアプリ「Termius」からのssh接続

Galaxyタブレット

  • アプリからのSSH接続

デスクトップPC(Windows10)

  • コマンドプロンプトからのping接続
  • コマンドプロンプトからのssh接続
  • Tera Termからのssh接続
  • エクスプローラからのファイル閲覧、書き込み

 

接続できなかった

ThinkPad X260(Windows10)

  • エクスプローラ(ファイルブラウザ)

 

別のWindows10で接続できる時点でサーバ側の問題ではなさそうでしたので、そこへの対処は飛ばします。

 

対処法

1、プライベートネットワークに接続する

「Windowsキー」→「設定(歯車マーク)」→「ネットワークとインターネット」→「状態」→「接続プロパティの変更」

ネットワークプロファイルから「プライベート」を選択

 

2、プライベートの共有オプションの探索を有効化

コントロールパネルから「すべてのコントロール パネル項目\ネットワークと共有センター\共有の詳細設定」へ移ることが出来たら、、、

 

3、Windowsの機能のSMBを有効化

コントロールパネルから「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

真ん中らへんまでスクロールをすると下の画像のように「SMB 1.0CIFS ファイル共有のサポート」の配下に「SMB 1.0/CIFS クライアント」が出てくるのでそこを有効化して、OKをクリックします。

「今すぐ再起動」ボタンが出てくるので、クリックしてOSの再起動を行います。

 

4、レジストリの変更

  1. 画面左下のWindowsマークの右隣にある検索バーから「レジストリ」と検索します。
  2. 検索結果の「レジストリエディタ」を選択します。
  3. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」が出てきたら「はい」を選択
  4. レジストリエディタの左側、コンピュータ配下の
    HKEY_LOCAL_MACHINE
    ②SYSTEM
    ③CurrentControlSet
    ④Services
    ⑤LanmanWorkstation
    ⑥Parameters

    の順に開いていきます。
  5. レジストリエディタ右側の一覧に「AllowInsecureGuestAuth」が出てくるので、ダブルクリック
  6. 「DWORD(32ビット)値の編集」が出てくるので、「値のデータ:(V)」の「0」を「1」に編集して「OK」をクリック
  7. レジストリエディタを閉じて再起動を行います。

 

これら4つの操作を行ったら、無事にファイルサーバにエクスプローラから接続することが出来ました!!

助かった。。。