【VBA入門】エクセルでVBAの開発をできるようにする方法!!

2021年4月6日

わたし、実はSEの新入社員なのにVBAをやったことがないんです、、、

なので、これから勉強していきます。
第一弾として、まずはエクセルでVBAの開発ができる環境を作りましょう!

スポンサーリンク

VBAとは一体なに

VBA(Visual Basic for Applications)はプログラミング言語の一種です。

これを使いこなすことで、ExcelやAccessでのめんどくさい作業を自動化することができます。
Excelが入っているパソコンであれば誰でも開発することができるため、開発環境を作る手間が大幅に減ります。(簡単だけど無いわけではない。)
今回は、このVBAの開発環境を作っていきましょう。

VBAを開発するための環境づくり

  1. 一番上のリボンの中から、「ファイル」を選択
  2. 左にあるリストから「オプション」を選択
  3. Excelのオプションの中から「リボンのユーザ設定」
  4. 右側にある「開発」にチェックを入れる
  5. OKでExcelのオプションを閉じる
  6. 一番上のリボンの中から「開発」→「Visual Basic」を選択
  7. 「Microsoft Visual Basic for Applications – ファイル名」が表示されれば、開発環境の完成です。