manコマンドで調べた結果を「日本語化」する方法

manコマンドは、どのディストリビューションで見ても英語で機能説明しているのでとても読みづらいですよね。

英語勉強しろと言われたらそれまでなのですが。。。

しかし、日本語化できれば調査効率も格段に上がります。

今回は、manコマンドの日本語化をしてみましょう。

スポンサーリンク

日本語化手順

1.日本語のマニュアルページをインストール

日本語版のマニュアルページ"manpages-ja"をインストールします。

ubuntuの場合

$ sudo apt-get install manpages-ja

※"apt-get"はaptのみでの構いません

インストール後に、manコマンドを使ってみて日本語で表示されている場合は完了です。

まだ英語で表示されている場合は環境変数のLANGがen_USになっていると思いますので、こちらをja_JPに変更します。

2.環境変数LANGを変更

まず、現在の環境変数LANGを確認します。

$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

上の状態が日本語状態です。

それ以外の”en_US.UTF-8”などと出力された場合は

$ export LANG=ja_JP.UTF-8

で日本語に対応させます。