IPアドレスの調べ方とは?ローカルIPとグローバルIP【Windows・Linux】

IPアドレスには自分の自宅や会社内で収まるネットワーク上のIPアドレス(ローカルIPアドレス)と外に接続するために必要なIPアドレス(グローバルIPアドレス)の2種類があります。

会社内で、「そのパソコンのIPアドレス教えて」と問われたときは大体ローカルIPアドレスを調べて答えることが多いでしょう。

テレワークのときに「そのパソコンのIPアドレス教えて」と問われたときは、グローバルIPアドレスを調べて答えるシーンが多くなると思います。

グローバルIPアドレスを問われた際はそのIPアドレスの使用目的などの確認をとってから回答してください。

グローバルIPアドレスは、、、まぁ、あまり問われることはないと思いますが。。。

 

では、これらの調べ方を解説します。

スポンサーリンク

ローカルIPアドレス

Windows 10の場合

1,デスクトップ画面下部のタスクバー左からインターネットのアイコンをクリック

Wi-Fiであれば電波マーク・有線接続であればパソコンマークをクリック

 

2,現在接続しているルータ名のプロパティをクリック

 

3,設定ウィンドウが出たら、下にスクロールし「プロパティ」の「IPv4 アドレス:」に表示されています。

10.xxx.xxx.xxx

172.xxx.xxx.xxx

192.168.xxx.xxx

などのように数字で書かれているのが、ローカルIPアドレスです。

 

Windows 10 コマンドプロンプトで調べる方法

コマンドプロンプトで確認する場合のコマンドは以下の通りです。

ipconfig

接続しているアダプター名のIPv4 アドレスに書いてあるのがローカルIPアドレスです。

【アダプター名の例】

Wi-Fi・・・Wireless LAN adapter Wi-Fi:

有線・・・イーサネット アダプター イーサネット:

などがあります。

 

Linux・UNIXの場合

Linuxでは、CUI・CLI(文字のみの画面)を想定しています。

ipコマンド

ip a
ip address

ipコマンドを入力するとensXX(XXは数字)の中に「inet」から始まる行があり、そこに書かれているIPアドレスがローカルIPアドレスです。

ip address というオプションもありますが、毎回打つのもめんどくさいのでip aでいいと思います。

 

ifconfigコマンド

ifconfig

ipコマンド同様「ensXX」の中に「inet」の行があるので、そこに書かれているIPアドレスがローカルIPアドレスです。

しかし、最近のOSには標準で搭載されていないものも増えてきており、ubuntu20.04でもデフォルトでは搭載されていません。

このコマンドを使いたい場合は「net-tools」パッケージをインストールすることで使えるようになります。

 

hostnameコマンド

hostname -I

IPアドレス単体が表示されるので、非常に見やすいコマンドです。

IPv6も設定している場合は、XXXX::XXXX:XXXXのように表示されます。

 

networkctlコマンド

networkctl status

「Address:」の行に「XXX.XXX.XXX.XXX on ensXX」のように書かれている部分がIPアドレスです。

 

グローバルIPアドレス

Windows 10・Linux(ブラウザが使える場合)

CMAN IPアドレス確認ページ

↑このサイトに遷移すると「あなたの使用しているIPアドレス」にIPアドレスが出てくるので、そのIPアドレスが今使っているグローバルIPアドレスとなります。

このサイトに遷移したからと言って特に悪さをするサイトではないので安心してください。

 

以上、IPアドレスの調べ方でした!